便秘の改善するためになにする?

便秘の時にはどのような対応をすればいいのでしょうか。便秘の時には生で食べることができるものを積極的に摂取することがポイントです。食材に含まれている水分やビタミンを失わずにそのまま摂取することができるからです。

水分は便秘改善に重要な役割を持っており、便が作られる時に水分は多く使われます。それだけでなくビタミンは善玉菌と呼ばれる良質な腸内細菌を活発にすることから腸内環境を改善することが期待できます。

野菜食物繊維を摂取することも大事になります。果物や野菜からしっかりと食物繊維を摂取することが大切になります。便が硬い人は水溶性の食物繊維をとり、下痢になりやすい人は不溶性食物繊維を摂取することが大事です。水溶性の食物繊維はりんごやキャベツなどといった野菜や果物が当てはまり、不溶性の食物繊維はイモ類やごぼうといった根菜類に多く含まれています。

それ以外にはオリゴ糖を摂取することも重要なポイントです。オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサの役割を果たしているため善玉菌を増やす役割があります。オリゴ糖が善玉菌のエサになることによって腸内環境を促してくれるので便秘改善するためにはオリゴ糖が必須になるでしょう。このように便秘の時には食べ物や摂取するものに気をつけるのがよいと言えるでしょう。

Pocket